通販で買ったパンプスのサイズが合わない場合の対処法

通販でパンプスを買うとき、慎重にサイズを選んだつもりでも、いざ届いて履いてみると足にフィットしない場合があります。通販は試し履きができないので、多少の誤差が生じるのもある程度は仕方ないことでしょう。返品したい場合、返品の条件が通販サイトに記載してありますので、返品が可能かどうか確認してください。返品ができない場合、そのまま捨てたり売ったりしてしまう前に、サイズ調整ができないか検討してみましょう。

サイズが大きい場合の調整方法

サイズが大きいパンプスは、歩いているうちに脱げてしまったり靴擦れしたりといったトラブルを招きます。大きいパンプスをサイズ調整できるお手軽なグッズが、インソールです。インソールは低反発のクッションやスポンジなどが入っている靴の中敷きで、100円ショップや靴の専門店などで簡単に入手できます。レディース用のインソールは、かわいい柄の入ったものもたくさんあります。足の長さに合わせてはさみでカットできるタイプのものなら、自分にぴったりのサイズに調整することができます。
パンプスの横幅はぴったりで縦幅だけが大きい場合は、つま先に入れるクッションで調整します。ただし、つま先のクッションはへたりやすいので、あまり長時間の使用はおすすめできません。反対に、縦幅はぴったりで横幅だけが大きい場合は、かかとの内側に張り付けるクッションで調整します。かかとのクッションは、かかとの靴擦れを起こしやすい人にも効果的です。

サイズが小さい場合の調整方法

サイズが小さいパンプスは、圧迫されるため足には良くありませんが、どうしても履きたいなら伸ばして広げる方法を試してみてください。エナメルのような伸びない素材では効果は薄いですが、布やレザーなどの素材であれば多少伸ばすことはできます。
おすすめの方法は、デパートやショッピングセンターにある靴の修理屋さんに相談してみることです。靴修理のプロに頼めば、専用の器具を使い、きれいにサイズを調整してくれる可能性が高いです。
どうしても自分でサイズ調整がしたいという場合は、市販のシューズストレッチャーを靴の中に入れて1週間ほど待つ方法があります。シューズストレッチャーは、長さ、幅、高さなどを好みに調整できる便利な器具です。
レザー素材であれば、ストレッチスプレーと呼ばれるレザー専用の柔軟剤を靴の内側に振りかけてそのまま履いていると、革の種類によって程度は異なりますが、多少伸びていきます。
そのほか、靴にもともと付いている中敷きを抜いて履くと、中敷きがなくなった分の余裕が出ます。厚手の靴下を着用した上から履いて伸ばすという方法もありますが、足に負担をかけるため、短時間の使用にとどめておきましょう。

ピックアップ記事

もしも通販で買ったパンプスのトップリフトが壊れたら

トップリフトは、パンプスのヒールの先端についているゴムでできたパーツのことです。ヒールトップリフトという名前で呼ばれることもあります。これを付けることで、ヒールブロックと呼ばれるヒールの本体が傷つかな...

日本製パンプスは通販でも人気

日本製のパンプスは、たくさんの商品が流通している通販業界でも根強い人気を誇っています。日本製のパンプスは、海外ブランドのものに比べて多くの日本人の足に合う型を使ったものが多く、価格に対して高品質ですの...

通販で買ったパンプスのサイズが合わない場合の対処法

通販でパンプスを買うとき、慎重にサイズを選んだつもりでも、いざ届いて履いてみると足にフィットしない場合があります。通販は試し履きができないので、多少の誤差が生じるのもある程度は仕方ないことでしょう。返...

レザーパンプスも通販なら選択肢が豊富

上質なレザーのパンプスは、大人の女性のおしゃれを格上げしてくれる優秀なアイテムです。レザーパンプスも通販で選べば、様々な商品の中からお気に入りの1足を見つけることができます。レザーのものは、靴職人やデ...


コンテンツ

カテゴリー